take it easy

肩の力を抜いて背伸びする

iPhoneからワイヤレスで写真が印刷できるLGのモバイルプリンターPD233

iPhoneからワイヤレスでプリントできるワイヤレスプリンターLG Electronics JapanのPD233を手に入れました。
iPhoneからのプリントはポラロイドのモバイルプリンタPoGoを手に入れた時からの積年の夢でったので感慨深いです。

 

日常的に写真をプリント

普段から写真はプリントする方です。

以前紹介したMOLESKINE日記ではポラロイドのモバイルプリンターPoGoが活躍中です。
2010年02月09日「寝る前10分間日記」 | mylifelog -photo diary-
今年もMOLESKINE デイリーダイアリー カラーダイアリーボックス | mylifelog

iPhoneでもデジタルカメラでもその日撮った印象的な一コマがあればPoGoでプリントして貼り付けてコメントを添えて写真日記にしています。

しかし、iPhoneユーザーにはPoGoでの写真プリントはお手軽そうに見えて実は面倒なことが多かったのです。
裏面がシールでサイズも名刺サイズくらいのZINKフォトペーパーの気楽さが勝り、不満を言いながらもかろうじて使い続けてきた感じでした。

 

PoGoで感じていた面倒

PoGoから写真印刷中

PoGoのプリント手段はBluetoothPictBridgeの2つです。

Bluetooth対応なんだけど、iPhoneの仕様で直接プリントすることができないというなんとも悲しい状態で、Jailbreakしてるとプリントが可能らしいのですが、Jailbreakはしたくないので却下。。。
なのでBluetoothからプリントする時は即時性は失われますがMacから行っていました。

また、PictBridgeについては自分の持っているカメラの場合、動作が安定せずカメラからの転送に失敗してしまうことが多々ありました。

 

LG PD233では念願のiPhoneからの印刷が可能に

PD233筐体アップ

今回紹介するPD233では先述の面倒、特にiPhoneからプリンできない部分が見事に解消されました!

PD233 | - かんたんに、いつでもどこでも、みんなで楽しめるスマートモバイルプリンター - LG Electronics Japan

印刷手段はBluetoothNFCのワイヤレス2種のみなので有線でPictBridgeという手段はなくなってしまいました。
どうしてもデジタルカメラで撮った写真をすぐに印刷したければそこはEye-FiPQI AirがあるのでiPhoneへ転送して印刷できれば問題ないし、自宅にいればMacに取り込んでフォトストリームに上がってしまえば印刷は楽です。

PD233へ写真転送中

あと、PD233はZINKフォトペーパーを使うのがPoGoと同じなので今までの資産と使い勝手はそのままというのがありがたいです。裏面がシールなのが良いんです◎

 

iPhoneからのプリントは専用アプリで簡単

PD233から写真印刷中

iPhoneからのプリントは専用アプリ「Pocket Photo」を使います。
プリント系の専用アプリってアプリそのものの出来がそんなによくないイメージが強かったので期待してなかったですが、iPhone5の4インチにも対応しているし操作性も良くてかなり使いやすいし、アイコンやUIも癖がほとんどなくて個人的に評価高いです。

iPhoneでプリントする一連の手順を書き出してみます。

  1. 設定アプリのBluetoothメニューでPD233にiPhoneを接続
    Bluetoothでプリンタに接続
  2. Pocket Photoを起動してプリントしたい写真を選択
    PocketPhoto写真の選択
  3. 必要に応じて写真加工、文字入れ、フレーム適用、QRコード埋め込みを実施
    PocketPhoto写真選択時メニュー PocketPhoto写真編集メニュー
  4. 編集が完了したらプリントボタンをタップ

最大で4手順、無編集でプリントするだけなら3手順で完了です。
細かい使い勝手の部分を説明すると、手順2と手順3で補足があります。

手順2の写真の選択では一般的な写真アプリのようにサムネイルをタップしたらすぐ次の手順に遷移してしまうということはなくプレビュー画面のように大きく表示されます。この状態でスワイプすると前後の写真をプレビュー状態で閲覧できます。
プリントしたい時はピンぼけとか構図とか気にして選択するのでプレビューっぽく大きいサイズで確認できるのは地味に便利です。

手順4の写真編集では加工できる項目としてエフェクト、回転、トリミングがあります。
他には文字入れとオリジナルフレームがあるのと、名前/連絡先/URLやメッセージを埋込めるQRコード挿入ができます。

バッテリ容量が500mAhということもありプリント枚数はフル充電で25枚しかできません。
ただ、充電用端子がmicroUSBなのでモバイルバッテリでも充電は可能です。

また、専用用紙ZINKフォトペーパーもアプリ内からワンタッチでECサイトにアクセス可能です。日本だと以下の7つが表示されます。

 

さいごに

筐体に目を凝らしてよーく見ると模様が細かいハートマークになってます笑
女性向けなのは分かってたけど、こういうのって男性にも十分需要はある気がするんだけどなぁ

今回プリンタに満足してるのもあるけど、想像以上に良かったのはアプリの完成度でした。これなら使いたいと思わせてくれます。
また、アプリはiPadに対応はしてないけどインストールして使うことは可能です。

NFCも対応しているらしいのでAndroidの人や対応デジタルカメラ持ってる人はプリントの選択肢も豊富だしBluetoothよりも便利かもしれません。

 



Pocket Photo App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: 無料

Copyright©︎ 2017 take it easy All Rights Reserved