take it easy

肩の力を抜いて背伸びする

TVの電源offでもAppleTVから音楽再生できる環境づくり

もっと手軽にリビングで音楽を楽しむためにAppleTV周りの配線を変更しました。

変更したことでリビングの音楽環境がものすごく快適になりました。
スピーカー経由で聴けないAV機器も出てきちゃったけど、利用頻度を考えると問題ない感じです。

AppleTVでもっと手軽に音楽を楽しみたい

Olasonic TW-D7OPT接続イメージ

元々は上図のようにTVをハブにして様々なAV機器の音声をスピーカーに出力していました。
薄型TV用スピーカー「Olasonic TW-D7OPT」でリビングに高音質を | mylifelog

このやり方だとAppleTVで音楽を聴くだけでも都度TVの電源をonにしないといけません。
知人を呼んだりしてAppleTVのスクリーンセーバーをアクセントに使うときはそれでもよかったけど、毎回そういうわけでもないし勿体ない。

もっと手軽に音楽を楽しむための方法を模索しました。

 

スピーカーへの出力をTVを経由しない方法に変更

リビングAV機器新接続イメージ

結果、TVを介さないでAppleTVとスピーカーを光ケーブルで繋ぐのが手っ取り早い方法でした。それ以外は以前の構成そのままで、HDMIはAppleTVからTVへの映像出力もあるので繋いだままです。

音を出すだけのときは光ケーブルでスピーカーに直接出力されてるのでTVの電源をonしなくてもスピーカーから出力されます。
もちろんスライドショーやiTunesレンタルやHulu、YouTube等で映像も一緒に楽しみたいときはTVの電源をonすればいいだけです(この場合は音がズレて出力されることがあるのでTV側の音量をゼロ、もしくは消音ににしておきましょう)。

 

リビングでの楽しみ方

音楽を楽しむ時は基本的にiOSバイスやMacからAirPlayで鳴らします。
iOSバイスは容量の関係で一部の曲しか入っていません。これは純正アプリのRemoteを使ってMac内の音楽をブラウズすることで回避できます◎

Remote操作画面
iPadのRemoteからMaciTunesライブラリをブラウズ中

Macの場合はiTunesライブラリ全てを参照できるので問題ないです。
また先日紹介したようにMacから出る音をAppleTVからそのまま出力することも可能にしているので、リビングで楽しめる音楽の幅が広がります。
Macから出る音を簡単にAirPlayで飛ばせるようにする | mylifelog

 

TV電源offでAppleTVを使える環境のメリット

一番大きいメリットは省エネ。

純粋に音楽だけを楽しみたいときに無駄にTV電源onしなくてもよいのでエコです。実際触ってみるとよく分かりますが、TV点けっぱなしにしておくと結構熱を持ちます。
特にバックグラウンドミュージックとしてラジオとか鳴らしっぱなしにしたい使い方だとTVはできれば点けずに使いたいですよね。iOSバイスやMacからのAirPlayならば、音楽だけじゃない音源もOK(例えばradikoやその他インターネットラジオとかもOK)です。

もう一つ感じているメリットはおまけ的な要素ですが操作性。

AirPlayでAppleTVを経由して音を鳴らすと、音量調整が飛ばし元(iOSバイスやMac)からでも可能なのです。
通常、TV画面を見ながらAppleTVを操作して音楽を再生する場合、AppleTVからコンピュータをブラウズしたりiTunes in the Cloudで音楽を鳴らしていました。この場合、音量はAppleTVに接続した音声出力機器の音量調整に依存してしまうのでとっさに調整するときTVだったりスピーカーのリモコンをあれこれいじる必要があり煩雑です。

 

さいごに

普段からそんなにTVを観なかったこともあり、今回の環境変更はかなりリビングの快適性向上にインパクトがありました。
冒頭にも書いた通り、スピーカー経由で聴けない機器もあるけど、利用頻度を考えると大した問題ではありません。

あと、Olasonic TW-D7OPTは出力元が作動したのに連動して電源onしてくれるお利口さんなので操作も楽で気に入っています◎

 



Remote App
カテゴリ: エンターテインメント
価格: 無料

Copyright©︎ 2017 take it easy All Rights Reserved