take it easy

肩の力を抜いて背伸びする

Lightning-30ピンアダプタとBONE LINK IIでシンプルにコネクタを持ち歩く

LightningケーブルとDockケーブル

iPhone 5になってコネクタの形状が変更され、しばらく取り回しが煩雑になりました。
過去の資産(30ピンのDockコネクタ)の数々も活かせなくなるだけでなく、本体付属のLightningケーブルは長さが約1mあってかさばるので常に携帯しておくには不向きです。

そこでiPhone 5ユーザーから熱望されていたのがLightning-30ピンアダプタでした。
他のアクセサリに比べてこのアダプタは出回るのが遅れ、最近ようやく手に入れることができました。

今まで、コネクタはかさばらないように最小限の数でかつシンプルなデザインのモノを選んできていて、先のアダプタを使うことでiPhone 5でも前と同じ水準で外出時でもシンプルにコネクタを持ち歩くことができそうです。

 

遠出をするときに必須のアイテム

BONE LINK II各種

ガジェットのバッテリ残量を気にしなくちゃいけない外出時の必須のアイテムにコネクタがあります。

似たタイプの商品はたくさん出ていますが、デザインで気に入ったのはBONE LINK IIシリーズでした。
DockコネクタminiUSB、microUSBの3タイプとiPad用10WのUSB電源アダプタ、eneloopバイルブースターを持っていればガジェットのバッテリ充電は十分対応できます。

コネクタがこれだけコンパクトだとかさばらず鞄の小物入れやGRID-ITでの収まりがよいので重宝します。
同時に複数台充電したい場合は、同じコネクタを複数持ってもよいかもしれません。

本記事の趣旨から若干逸れるかもですが、WiFiルーターBluetooth機器(ヘッドセットやキーボード)の充電にほぼ対応できるmicroUSBのコネクタも使い出があります。

ちなみに荷物のキャパに余裕があるときは持ち運ぶのはこれらのコネクタに限りません。

 

シンプルな構成でiPhone 5iPadに対応できる柔軟性

BONE LINK IIとLightning-30ピンアダプタ

iPhone 5を使うようになって、先ほどの構成にLightning-30ピンアダプタを加えました。

当初、欧州のみで発売されているというLightning-microUSBアダプタさえ手に入ればさらにシンプルな構成になるのに!なんて考えていて結構真剣に取り寄せを考えていた時期もありました。
しかしよくよく考えてみたらDockコネクタiPadも現役で使っているので、コネクタは今まで通りで必要に応じてLightning-30ピンアダプタを挿して使えば自分が持っているガジェットに一番柔軟に対応できるということに気づきました。

将来的にiPadもLightningコネクタになったら所持するBONE LINK IIの種類は減らせるかもしれませんが、現段階ではこれが最適解のような気もします。

 

さいごに

通勤時間もほどほどに長く、仕事の関係上外出する機会もそれなりにあるので、ガジェットのバッテリ残量は気になるものです。

通勤鞄の中で主張し過ぎることなく収まってくれるこのコネクタの構成はかなり気に入っています。

 

Copyright©︎ 2017 take it easy All Rights Reserved