take it easy

肩の力を抜いて背伸びする

スーパーコンシューマー第8弾「超」整理手帳カバープロジェクト完成!そして発売!

紙もいいよ

しばらく更新できていない間にスーパーコンシューマー第8弾「超」整理手帳カバープロジェクトが完了し、手帳カバーもめでたく発売となりました。

 

デザインする手帳 for 「超」整理手帳

新しい「超」整理手帳カバー「デザインする手帳」 | スーパーコンシューマー

商品詳細ページはこちら。
デザインする手帳 for 「超」整理手帳 | スーパークラシック

過去の活動記録はこちら。

カバープロジェクト会議

[#sc_ct]スーパーコンシューマー第8弾 「超」整理手帳カバープロジェクトに参加します(第1回) | mylifelog
スーパーコンシューマー第8段「超」整理手帳カバープロジェクトに参加することになりました。今まで、手帳の使い方で書籍・雑誌やTVに取り上げていただいたりして、いち「超」整理手帳ユーザーとして手帳の使い方を紹介してきました。仕事とプライベートの高いレベルでの両立を目指すために自分にとってより良い手帳の使い方を探求していくと、自然と道具の探求にも繋がってきます。今回、その道具の一つである手帳カバーの企画を考えるメンバーとして呼んでいただき、今まで漠然と「こんなのがあったらな」なんて考えていたアイディアをぶつけることができる機会が得られてワクワクしています。

[#sc_ct]スーパーコンシューマー第8弾 「超」整理手帳カバープロジェクト(第2回) | mylifelog
地震が起きる前、3/9(水)にスーパーコンシューマー第8段企画会議第2回が実施されました。[#sc_ct]スーパーコンシューマー第8弾「超」整理手帳カバープロジェクトに参加します | mylifelog 今回からコメンテータ(?)として@paratataさんが参加してくれました。文具からガジェットからITから広い守備範囲でもって鋭いツッコミを入れてくれるお方です◎本題では@Tom_kitaniさんと@morotaroさんの試作品のプレゼンでした。第1回会議でコンセプトは聞いていたとはいえ、実際に試作品となって手に取ってみると印象も大きく違います。どれも実現したら面白そうなモノばかりでした◎

[#sc_ct]スーパーコンシューマー第8弾 「超」整理手帳カバープロジェクト(第3回) | mylifelog
コンセプトは「Lessis more.」試作品はボール紙と製本テープ、ウレタンでMOLESKINEに書き留めていたアイディアと頭の中のイメージを一気にカタチにしてみました。ポイントは3点。スケジュールシート、メモノート、iPhone、ペン、という必要最小限で構成メモノートとiPhoneとペンは、スケジュールシートの邪魔にならないように左側に配置スケジュールシートの書きやすさを追求した設計試作品に対する反応は、他のメンバーのプレゼンするモノに比べて静かだなー、という印象でした苦笑 とにかくシンプルさを追求したので華がなかったからかと思われます…

[#sc_ct]スーパーコンシューマー第8弾 「超」整理手帳カバープロジェクト(試作品解説) | mylifelog
究極の手帳カバーを追求するスーパーコンシューマー第8弾「超」整理手帳カバープロジェクト、自分の求める手帳カバーの試作品を作りました。[#sc_ct]スーパーコンシューマー第8弾 「超」整理手帳カバープロジェクトに参加します(第1回) | mylifelog[#sc_ct]スーパーコンシューマー第8弾 「超」整理手帳カバープロジェクト(第2回) | mylifelog[#sc_ct]スーパーコンシューマー第8弾 「超」整理手帳カバープロジェクト(第3回) | mylifelogコンセプトである「Less is more.」を念頭に制作した試作品のポイントは3点。必要最小限の構成扱いやすさを追求した設計スッキリした外観以下、詳しく解説していきます。

[#sc_ct]スーパーコンシューマー第8弾「超」整理手帳カバープロジェクト(第一関門突破) | mylifelog
究極の手帳カバーを目指して、メンバーのプレゼンが一通り終わりました。手帳カバー案1– ポケットに収まるA6超整理手帳カバー!手帳カバー案2 – 硬くて書きやすく、オシャレな超整理手帳カバー!手帳カバー案3 – スマフォンとシナジーを生む手帳カバー手帳カバー案4 – 大将の文房具カバン。すべてを包む母艦となれるか? それぞれがそれぞれの個性を持った手帳カバーでした。そこから次のフェーズに進むために案が絞り込まれます。

※スーパーコンシューマーでの記録はコチラ

 

ブレなかったコンセプト

手帳カバー裸

今回提案したmylifelog的手帳カバーのコンセプトは「Less is more. 」。

とにかくシンプルに。

スケジュールシートと、それに関係する必要なモノだけを持ち運ぶことができる手帳カバーです。
コンペからはじまりこの案が採用されてから、メンバーと一緒にブラッシュアップする時もとにかくこのコンセプトだけはブラさないように心がけて検討していきました。

このコンセプトを実現するための手段については穴とかゴムとか云云かんぬん…それはもう色々な可能性を議論しました。

最終的にメンバーそれぞれの得意分野が良い方向に化学反応を起こして数々の難題を解決し、手帳カバーを構成する要素は、上の写真の通りスケジュールシートを留めるベルトとベルクロ面のみという驚くほどシンプルさに。

名前は「デザインする手帳」。
自分の必要なモノのレイアウトを自由にデザインして一つにまとめて使う手帳です。

 

驚異的な汎用性

mylifelog的レイアウト

この手帳カバー、構成パーツが驚くほどシンプルなので、使い手のスタイルに合わせて必要なモノが自由に配置できるのが特徴です。
スマートフォンモバイルルーターを引っ付けてもよし、筆記具やノートを引っ付けてもよし、これらは付属のゴムバンドで留めてもよし、直接ベルクロ貼り付けてま引っ付けてもよし。他にもまだまだ想像もできない使い方がありそうです。

これについては別途エントリしてみようと思います。

 

こんな時代でも紙はあると便利

R0050187

EvernoteDropboxといったクラウドサービスや、書籍の自炊によるデジタル化、それらを支えるネットワークインフラの充実やデジタルデータをハンドリングするデバイスはどんどん充実してきて、ほんの数年前とは比べようのないくらいにデジタルデータが扱いやすくなってきました。
でもそんな時代になっても紙の需要はあります。
速記性や一覧性はまだまだ紙の方が分があると思うし、これらの性質にスケジュールはピッタリだと思うのです。

何でもデジタルで無理にやる必要はないと思っていて、目的を達成するのに最も適した手段でアナログとデジタルを使い分ければいいと思います。
ボクの場合、スケジュールは先を見渡せることと、視覚的に時間の空きが把握できることが必須だったので、スケジュールに関してはアナログ(紙)を活用することにしています。

 

さいごに

今回出来上がった手帳カバー、語弊を恐れずに言えば「自分のエゴがカタチになったもの」だと言えます。
もちろんメンバーのアイディアがたくさん盛り込まれていたりしているし、スーパーコンシューマーのものづくりコンセプトがまさしくそれなのでいいっちゃいいんですが、自分の「こんなのあったらなー」というエゴがまさに手に取ることのできるカタチになるって考えてみたら衝撃的です。

初めてプロトタイプを手にした時の感動と言ったら…そして最終製品として自分達の思いが詰まったモノを手にした時の喜びと言ったら…

本当に貴重な体験をさせていただきました。
メンバーの皆さん本当に本当にありがとうございました。

 

もしこの商品が少しでも気になったという方がいたら紹介ページをご覧になってください。

デザインする手帳 for 「超」整理手帳 | スーパークラシック

 

Copyright©︎ 2017 take it easy All Rights Reserved