take it easy

肩の力を抜いて背伸びする

GTDの収集ステップ精度を高めるPostEverの使い方

R0052857

あの時、確かに頭に思い浮かんでいたことだったのにしばらくするとどうやっても思い出せない、、、ちゃんとメモしておけばよかったー、なんてことありませんか?
今回紹介するPostEverというアプリのおかげでこんな事態を最小限に抑えることができるようになりました。
いつでもどこでもすぐメモを取るという点において、アナログメモでカバーし切れなかった部分をPostEverでほとんどカバー可能です。

 

現在のメモ運用の弱点を補完してくれるPostEver

アナログメモ(ボクの場合はMOLESKINEへのメモ)ではTPOによってはメモが取れないことがあったりします。
立ったままのときであるとか、両手が使えないときはアナログメモを残すことは難しく、そんなときはメモアプリを代替手段として使ってアナログメモの弱点を補完しました。
そんなメモアプリで気になる点が2つありました。

  • 情報管理場所が複数になって面倒
  • メモアプリのメモの保存先はDropboxや独自サービス(simplenote、WriteRoomはこのケース)で情報の管理が面倒に感じることがありました。清書の必要のないとっさのメモなので、管理に手間をかけたくないのが実情です。
    ボクの場合、他にも色々詰め込んでいるEvernoteで管理できるのが理想です。
  • 定期的なレビューが面倒
  • せっかく書き残したものもレビューしてあげないと二度と日の目を見ることなく埋れてしまいます。GTDを実践するに当たり、書き出した情報を簡単にレビューできることは重要な要素です。
    定期的なレビューって時系列に情報が蓄積されていると振り返りやすいのですが、数々のメモアプリはメモを作成するたびにファイルが作成されてしまうタイプが多いのでメモ数が必要以上に増えやすく、レビュー時にどれを参照すればよいか分かりにくくなってしまいがちでした。

この両方を解決した使い勝手の良いアプリが冒頭に出たPostEver。
Evernote連携アプリでよく聞くFasfEverでもATOK Padでもなく、PostEverを採用したのは上記の気になる点が見事に解決され、ツボにピッタリとハマったアプリだったからです。

 

PostEverでできること

mylifelog的にツボにハマったPostEverの特徴は以下の3つ。

  • Evernoteの任意のノートブックに毎日1件ずつ作成される
  • 1ノートにどんどん追記保存される
  • 写真も埋め込める
  • Evernoteの任意のノートブックに毎日1件ずつ作成される
  • PostEverノート保存先設定 PostEverから送信したノートをEvernoteで閲覧

    画面ショットの通り、PostEverはEvernoteの同期先を自由に決めることができ、毎日アプリを起動してメモを残せばその日付がタイトルとなって1件ノートが作成されます。
    ATOK Pad for iPhoneのようにノートブックを固定する必要がなく用途に合わせた名称に変更することができ、どのノートブックやノートブック・スタックに入れるかも自由です。
     
  • 1ノートにどんどん追記保存される
  • PostEver入力画面

    アプリを起動して入力して送信するだけ。
    これだけでその日のメモは1ノート内にどんどん追記されます。
    起動してすぐに入力画面なので待たされることもなくサクサク入力できます。変換精度が気になる場合はATOK Pad for iPhoneとの連携機能を利用して効率良く文字入力をすることもできます。
     
  • 写真も埋め込める
  • PostEverは写真送信も可能

    最近のアップデートで写真も埋め込めるようになりました。
    デジカメで撮るほどではないけどとりあえず保存しておこうかな、とiPhoneで気軽に記録しておけるのがポイント高いです。文字では表現しきれないものは写真でバシバシ残しておきましょう。

 

mylifelog的メモ運用補完イメージ

R0052859

mylifelog的GTD収集ステップで設定している情報ソースはメール、MOLESKINEEvernoteの3つ。
これらの情報ソースにはそれぞれ特徴があって、

  • メールは受動的情報で放っておいても増えていくもの
  • MOLESKINEEvernoteは能動的情報で自分で追加していくもの
という感じ。

この中で難しいのは能動的に追加していく情報で、記録し漏らすとリカバーしにくいです。まず思い出すことができません。
感覚的な表現ですが、PostEverで記録していく情報はオフレコのTwitterのようなイメージで、実はこの類の情報はいつどんなときにポッと浮かぶか分からず、「後でまとめておこう」となりがちです。
これが曲者で、「後でまとめておこう」がまとめられずに終わることは多々あります。

PostEverはここを補完してくれる存在なわけです。
自分の頭の中の気になることが情報ソースにしっかりと記録されていく。
これはGTD収集ステップの安心感に繋がります。

GTD収集ステップではとにかく気になることを吐き出して頭をスッキリさせることが重要です。まとまった時間を確保してウンウン捻り出していくこともできなくはないですが、そんな時間割きたくても割けないよ、というのも実情としてあります。ふと気になったこと考えたことを都度コンスタントに記録することができれば頭のどこかでアレやコレを覚えておかなくてよいので後のステップに入りやすくなります。
気になることを漏れなく残すことができるようになれば、後は上図のように能動的追加情報についてはMOLESKINEEvernoteの情報の定期的なレビューを徹底するだけ。

ちなみに同期先ノートブックはデフォルトだと「PostEver」というノートブックになってますが、ボクは「オフレコメモ」という名称にして、TwitterのTweet内容を毎日保存してくれるツイエバというサービスの保存先と同じ階層に配置しています。
さらにMOLESKINEで書いたメモも1日の終わりに写真に撮ってPostEverでアップしておくと、レビュー時の参照場所が減らせて楽になるメリットもあります。

 

まとめ

アナログメモだけでは頭の中で気になったことを書き留め切ることができなかったけれど、PostEverを使うことでほとんど漏れなく気になることメモができるようになりました。
結果として気になるメモの取り漏らしがほとんどなくなり、GTD収集ステップの精度が高まったように思います。

というわけで、GTDの収集ステップでの情報ソースにPostEverのオフレコメモが仲間入りです。
一気にドックに躍り出て、ゆるい感じのアイコンも段々可愛く思えてきました◎

 

PostEver - 1日分のメモが1つのEvernoteノートに App
カテゴリ: 仕事効率化
デベロッパ名: Atech inc.
価格: ¥230
Evernote App
カテゴリ: 仕事効率化
デベロッパ名: Evernote
価格: 無料

Copyright©︎ 2017 take it easy All Rights Reserved