take it easy

肩の力を抜いて背伸びする

MoneylogとPocketMoneyで快適金銭出納管理

 

PocketMoney紹介画面 Moneylog紹介画面

金銭出納管理にPocketMoneyに加えてMoneylogも使うようになりました。

PocketMoneyCatamount

MoneylogNSOFT INC

今まではPocketMoneyのみで給与口座、財布アカウントを作成し管理していましたが、来月からお小遣い制に移行するのに合わせて運用方法を変えてみることにします。

Moneylogの良いところは、まずはじめに月の予算を設定する点にあります。

予算、サラリーマンにとってはいわゆるお小遣いです笑

Moneylog操作画面1 Moneylog操作画面2

指定した月の予算を設定すると、ダッシュボード上の電池アイコンが満タンになります。

そこから使われた分だけ、どんどん電池アイコンの中身が減っていきます。

Moneylogではダッシュボード上で常に自分の財布の容量が可視化されていて、月々決められたお小遣いで切り盛りをしないといけない世の中の大半のサラリーマンにとっては非常に直感的で分かりやすいインターフェースになっています。

支出の登録も簡単で、あらかじめ設定されているカテゴリを選択し、金額を入力して保存するだけです。

Moneylog操作画面3 Moneylog操作画面4

カテゴリも設定から表示/非表示を指定できたり、名称を変更したりできるので、自分のライフスタイルに合わせたカテゴリでさらに効率的に管理できるようになります。

手軽にしっかりと出納記録が残せるMoneylog、しかし出納管理は記録が目的ではなく、定期的に振返ることが重要です。

集計機能やエクスポート機能もMoneylogではしっかりサポートされています。

iPhone単体では月集計、支出ランク、合計(支払い方法)、平均支出額を参照でき、ちょっとした振返りが簡単にできます◎ただし、計算される集計金額は月毎になっているので、予算設定を月初めにしないと気持ち悪い事になってしまうので注意が必要です。。。

エクスポート機能についてはGoogleアカウントをMoneylog上で設定し、任意のEメールアドレスへcsvファイルを添付して送信することができます。これでExcelでもNumbersでも柔軟な集計が可能になります◎

複数のアカウントに対応していないので、財布以外の金銭管理(銀行口座とかヘソクリとか)については引き続きPocketMoneyを使っています。

PocketMoneyがアップデートMylifelog

今まで使っていたPocketMoneyは高機能でじっくり管理するのには向いていると思います。

ただし、財布の中身は刻々と変化していくものなので、もう少し気楽に入力と管理ができるものが欲しいと思っていたのでした。

Moneylogは気楽に財布の中身の金銭出納が管理できて、いざというときはエクスポートしてじっくりと集計して振返ることができるのでとてもオススメです◎

 

Copyright©︎ 2017 take it easy All Rights Reserved