take it easy

肩の力を抜いて背伸びする

いまさらiPhoneインプレ

 

iPhoneを発売日に買った方々は購入後半年になるので、最近は振返ってレビューをされている方が多いですね◎

 

ボクは今年に入ってとうとう手に入れました。

待ちに待ったものなので、自分なりの印象を残しておきます。

 

現在のiPhoneOSのバージョンは2.2。

契約した時点でのiPhoneのバージョンは2.0でした。iPod touchでバージョン2.2を使っているので、色々と便利になったことは分かっているのですが、発売当初に買っていたらどんな使用感だったのか体感したくてしばらく2.0のままで使ってみました。

バージョン2.0の印象は、、、

・文字入力のレスポンスが厳しい
・電波のつかみがよろしくない
・バッテリの消耗が激しい
Safariがよく落ちる

やっぱり巷で言われいたとおりの印象をボクも感じました。特に厳しかったのが文字入力。レスポンスが悪く、実用的とはいえない状況。バージョン2.2の快適さをすでに知っているからなんとか我慢できたものの、当時使っていたらiPhoneに対してかなり不安に思ったんだろうなぁという感じです。

 

そして現行バージョンである2.2はというと、先ほど挙げた項目すべてが改善されています◎

2.2を知っているから裏返しみたいな表現になってしまいましたが、もし当時iPhoneを使っていたとしても2.0の印象は上記のようなモノだったと思います。

 

【電話】

あと、電話機能はすこぶる使いやすいです。

iPhone通話画面

スピーカーがものすごく便利で、両手が空きます◎

専用のイヤホンでも両手を空けて通話ができます◎

iPhone連絡先グループ

連絡先も読み仮名さえつけておけば問題なく検索できます。同期元(ボクの場合はMac上)でグループを作っておけば、日本の携帯電話と同様な使い勝手も得られます。

 

【SMS】

これはiPhoneユーザになって真っ先に使いたかったサービスです。

SMSのやりとり相手という切り口でリストができ、チャット形式でメッセージが保存されます。これは思った以上に分かりやすく、特定の相手とやりとりをする場合が多い人にはすごく便利です。

現在、彼女とは主にSMSでやりとりしていて、「iPhoneになってから返信が異常に早くなった」と言われちゃいました(汗)

 

【Eメール(i)】

Eメール(i)について世間は結構厳しい評価で、ボクも少々同意できます。サーバーからプッシュで受信がなされるわけでなく「メールを受信しました」というダイアログが出るのみ。iPhone単体ではフォルダも作成できない等、従来の携帯メール作法に慣れていると面食らいます。

しかし、これをsoftbankドメインのついたIMAPメールだと捉えて工夫すると、先程の不便な点もなんとか気にならない状況になりました。IMAPなので、自宅MacのMail.appにアカウントを登録しておけば、Eメール(i)を簡単にMac上で利用することができ、iPhoneでも同じ情報を簡単に参照できます。

「携帯変えました」メール送信もMac上のMail.appで行えたのであっという間に完了しました。

iPhoneメールボックス

そのついでにEメール(i)についてはMail.app上でフォルダも作成してしまいました。Mail.app上で作成したフォルダはiPhone上にも反映されます。GmailMobileMeと違って、Eメール(i)は携帯電話とのメールのやり取りにしか使わないので、フォルダ分けをして今までの携帯メールと同じ感覚で使っています。ボクの場合、アドレスブックのグループと同じ構造でフォルダを作成しています。

ここまでやって、Eメール(i)も便利に使えるようになりました◎

 

アドレスブック、カレンダー、ブックマークについてもMobileMeで同期中なので、時間を見つけては少しずつ手直しをしていく予定です。

それにしてもMobileMeはとても便利!!サービス開始当初は色々と問題もあり、なかなか厳しい評価でした。しかし、今はデータ同期の遅延もなく、すこぶる快調です◎

データの編集がiPhone以外で手軽にできて、それがMacでもiPhoneでもWebでも簡単に同じ情報が扱えるというのは素晴らしいです!!今までバラバラになりがちだった情報が、iPhoneMobileMeを利用するようになって完全に一本化されました◎

 

iPhoneではなくMobileMeインプレになりかけましたが、それくらいiPhoneMobileMeの連携はデータの一元管理で楽ができます。ネックなのはMobileMeの価格ですね、、、MobileMeについては自分の活用振返りも兼ねて別途エントリしようと思います。

 

OSバージョン2.2になってからはかなり快適に使えています。

バージョンアップでここまで使い勝手が変わるのであれば、今後もうしばらくはさらに便利になっていくのでしょうか。

今後(あると仮定して)バージョンアップに期待することは、

・コピー&ペースト
・Desk Accessaryのような機能
・文字入力の辞書

コピー&ペーストは多くの人が望でいる機能ですね。あらゆるシーンで使われる機能なので、是非OSレベルで実装して欲しいです。ボクの場合、メール作成中でコピー&ペーストを多用するクチです。

あとはシングルタスクOSでは必須ともいえるDesk Accessary(以下、DA)です。DAとはMacOS(System時代)によく使われていた小物アプリケーションです(詳細はWikipediaから)。

現状のiPhoneOSは恐らくリソースの制約でシングルタスクになってしまっていると思うので、それを補うための手段としてDAがあればさらに便利に使えそうです。ホームボタンを使ってうまく割り当てることができれば電卓だったり、コピー&ペーストだったり、様々な活用法が考えられそうです。

PalmOSでもDAはものすごく便利だったので、これは現状のiPhoneOSにも欲しい機能です。次期iPhoneではハードウェアのスペックにも余裕が出てきてマルチタスク化を果たすかもしれませんが、、、

あとは文字入力用の辞書も多くの人が望んでいる所だと思います。アドレスブックで代用できるとのことですが、精神衛生上、気になるところですよね。グループを作ることであまり目に入らないようにすることもできそうですが、、、

 

R0018791.JPG

iPhoneが日本で発売されて半年、ボクが購入して使うようになって半月。

日を追うごとに使いやすくなっていくiPhoneはこれから長い付き合いになりそうです◎

 

あと1年は新型でないように祈ります。浮気しないように(笑)

 

Copyright©︎ 2017 take it easy All Rights Reserved